(話題):H26年度創設の「引越安心マーク制度」とコトラーの戦略

Pocket

引越事業者優良認定制度を「引越安心マーク制度」といい、

安全・安心な引越―ビスの提供を行う事業者に認定するというもの。

平成26年度の創設され、現在は323事業者が認定を受けている。

ところで、

引越事業者ってそんなに多かったの?
という素朴な疑問から、
引越業界について、調べてみた。

【データ】

■市場規模 4000憶円

■事業者数 3000社(内、引越安心マーク認定323社)

■トップ10
①「サカイ」 (700億円)   幅広い支持、客単価高い
②「アート」 (600億円)   個人客への独自性に薄れ
③「ハト組合」(270億円)   サービスと価格差別化
④「アリさん」(270億円)   サカイのフォロアー

・・・ここまでが大手4社・・・

⑤「ハート」  (80億円)
⑥「アーク」  (55億円)
⑦「ファミリー」(22億円)
⑧「ベスト」  (20憶円)
⑨「人力」   (14憶円)
⑩「アップル」 (11憶円)

・・・ここまでが中堅6社・・・

さて、

コトラーの競争地位戦略(参考:NRI「競争地位戦略」)では
1)リーダー
2)チャレンジャー
3)フォロアー
4)ニッチャー
となるのだが、

この業界に当てはめると

  リーダー フォロアー
業界最大手

●「サカイ」一強 ●「アート」もここ

リーダー・チャレンジャーに追随、競合しない二次的市場狙う

●「アリさん」と中堅6社

チャレンジャー ニッチャー
リーダーに挑戦する企業(2番手、時には2・3番手)

●安易に一位の真似をしない(差別化)や(価格戦略)

●「ハト」

ニッチ(穴場)で独自の展開

●中小・小規模事業者

中小・小規模事業者は《新規参入⇔廃業》が激しい
最近はインターネットで価格比較できるので、独自の「売り」がない中小事業者は苦しい

「引越安心マーク認定」をとることは、
知名度の低い中小・小規模事業者にとって、
ニッチ分野で業績を上がるためのベース

競争の土俵に乗るための
「必須アイテム!」
かもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください