重点ポイント追加C(企業経営理論の補足)

Pocket

経営理論の最近の傾向からポイントの整理をします。

テクノロジーライフスタイルでターゲットをセグメントする

スタート段階で早期成功をするためのターゲットセグメントは、効果の順番に

1イノベータ:立ち上がり、最も早く関心を示すイノベータをターゲットにすると大きなマーケットに成長できる(携帯電話など)
2アーリー・アダプター:オピニオンリーダーが最も多いので、口コミなどで広がりやすい
3アーリー・マジョリティ:我も我もと追従するセグメント

 

ライフスタイル・アプローチ

基本的なデモグラフィック特性(性別・年齢・職業など)に対し、価値観や行動様式別に「独身」「夫婦」「フルネスト(一杯の巣)」といった一生の形で生活者をライフスタイルで分類し特性を把握する手法

問題解決・目標達成に能動的に取り組む「情報処理モデル」というのもある。

見えない商品を売るサービス・マーケッティング

業種の枠をこえた無形の商品(保険・旅行・広告・インターネット・諸サービス全般)

これらのマーケティングは、コンタクトポイント(CP)といわれる接客スタッフや窓口拠点も重視。従業員満足度が顧客満足度の向上にリンクしていると考えている。

サービスのチャネルは短くなり、旅行代理店のように中間業者は需要の掘り起こしの戦略基地化している。

価格戦略

品質のバロメータ
低価格低品質、高価格高品質との価格から品質をイメージする効果。これを利用して高マージンの商品が上手に販売されてきたが、インターネットの普及で情報が手軽に入り、この効果は低下してきている。

プレステージ(マーケティング手法)
購入すること自体が社会的地位の高さを証明する商品。そのような製品としてPRする広告をプレステージ広告という。車の「デラックスモデル」高いマージンを期待できるが、低価格化すると一時的に需要が増加するもののブランドイメージが消え、長期的に需要減少へ

ロス・リーダー政策

客寄せのために損を覚悟で安く売る目玉商品のこと コンビニのおにぎり スーパーの卵など

ブランド戦略

ファミリーブランドとは・・・花王「植物物語」ソニー「VAIO」のように、幾つかの商品カテゴリーにまたがった包括的なブランドとして認知されているもの

ナショナルブランドとは・・・商品を製造するメーカーがつける商標で、メーカーの名前を大々的に使用する昔ながらの手法。全国を市場とする。

プライベートブランドとは・・・小売業者や卸業者などが開発したブランド。差別化が容易で、集客効果から広告費などの経費も削減できるメリットが大きい。

アイドマ(AIDMA)の法則

Attention(注意)→ Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動)の頭文字で、1920年代にアメリカで発表された。

以前の「AIDA(アイーダ)」(製品あるいはサービスに注目“Attention”し、興味“Interest”を持ち、欲しい“Desire”と思い、購買行動“Action”を起こす)にM(記憶)を加えたとされる。

現在は、商品の認知から購買までの消費者の購買行動プロセスの分析に使用。

 

ハイ・コンテクスト文化とロー・コンテクスト文化のコミュニケーションの違い

ハイ・コンテクスト文化・・・以心伝心で伝わる文化(日本)

ロー・コンテクスト文化・・・言葉でコミュニケーションを図ろうとする文化(欧米や中国など日本以外)

グローバル化・国際化の進展で、日本でも「言葉によるコミュニケーション」が必要と言われて久しいため、日本人もよくしゃべるようになった。会議でもディスカッションやディベートが活発化している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください