在宅ワークや就職に取っておきたいIT関連資格とは?

Pocket

新型コロナウイルス感染防止での在宅ワーク、今や
日本中で当たり前の風景になってきました。

この際、ピンチはチャンスとばかりに在宅で取って
置きたい資格とは?

いろいろありますが、やはり花形は「IT関連資格」
ですね。

超難関の「ITストラテジスト」や「システム監査技術者」
「プロジェクトマネージャ」から初心者向けの国家試験の
「ITパスポート」だけではなく、

仕事に有利といえば、
それほど難易度的には取り組み易い「MOS」試験、
と呼ばれる「マイクロソフトオフィススペシャリスト」
や「インターネット実務検定」「パソコン技能検定」
などなど、民間資格や公的資格がいっぱい。

そこでおススメを少し紹介してみましょう

♠インターネット実務検定試験

インターネットの幅広い知識を試す試験です。

今時のどんな仕事でも、勉強したスキルはおおいに
役立つこと間違いないでしょう。

在宅のいろいろな仕事に欠かせないスキルが身に着きます
職場でも、ネットの知識が優れていれば重宝させます。逆に
知らなければ何かと不利ですね。

自宅のパソコンでも24時間いつでもオンラインで受験可
合格率は3級で90%とほぼほぼ合格です。
インターネット「実務検定協会のHPで公式テキストが販売
されています。

♠ホームページ作成検定資格試験

ホームページを開設する祭のウェブサイトの作成能力を認定
する民間資格です。
ホームページ作成検定は日本情報処理検定協会が行っています。

4級から1級まであります。
年4回試験があります。全国各地のパソコン教室で受験可です

1級まで取得すると、立派な職業マスターとなれます。

♠パソコン技能検定

PCを使った文書作成や表計算の実用スキルの試験で

全日本情報学習振興協会が主催しています。

PCを使った文書作成や表計算で、スピーディーなデータ処理能力ができる人材であることを証明する資格

 

6級から1級まであります。ビジネス中級の2級で70%超の合格率です。

特に1級は仕事に大いに有利でしょう。

年6回、全国のパソコン教室で受験可


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください