IT業界での就活・転職・キャリアアップと資格試験



今なお、IT関連分野はどんどん広がっているけれど、内情はどうなのか(@_@)?

どこか分かりにくい、と感じる人が多いのではないでしょうか。

そこでIT業界のこれからの見通しを「資格取得」という面から
少しずつ、覗いてみたいと思います。

<!– admax –>
<script src=”//adm.shinobi.jp/s/cd814973bee89e5008837f8a5752bca8″></script>
<!– admax –>



1)IT業界の特徴

当然ですが、IT技術の進歩と陳腐化は目まぐるしく、
今日必要とされた技術が明日はもう使い物にならない、
なんてことも(@_@)‼
やっぱり、 日常茶飯事💦

なので「絶えずスキルアップが求められる」業界、
といえるでしょう👍

 

2)求められるスキルと試験

業界には、ITスキル標準(ITSS)という「資格のものさし」
があります。
これは、独r津行政法人IPA(経済産業省所管)が定めています。

大まかに言えば
マーケッティングやITスペシャリストなど、
11業種35専門分野の各セグメントでは、
どのスキルとか、資格が求めらているか
一見して分かるように、一覧表に表されています。

その一部を挙げれば、

 レベル1 ITパスポートをト・情報処理技術者など
 レベル2 情報処理技術者・基本情報技術者など
 レベル3 応用情報技術者・IT検証技術者など
 レベル4 ITストラテジスト・プロジェクトマネージャ等

~~~ ☘ ~~~ ☘ ~~~ ☘

入門者には分かりにくいですが、
まずは「ITパスポート」ってとこかな👍

IT時代のビジネスパーソンに必携の資格の第一歩、
それは「ITパスポート試験」といったところです。

続いて、

少し難易度が上がると「基本情報技術者試験」という、
ITエンジニアの基礎資格といわれる国家資格があり、合格率は25%程度です。

さらには、

高度IT人材に必要なITリーダーの資格「応用情報技術者試験」
があり、これは相当にレベルが高い資格です。

とにかく(*_*;☆彡👍

この業界に就職しようという人は

>まずは情報収集が大切
>そして何のスペシャリストを目指すのか
目標をはっきり決めること
日々のルーティンの確立、資格試験の学習メニューを
入れ、確実に実行する
今に集中して目標を早く達成する

 

以上・・・・・・(@_@) ✊ 🙌

進歩と陳腐化の速いこの業界で、生きていこうとするなら

モチベーションを持続して、早く成果をだすことが宿命と

言えるほど大切なのではないでしょうか(@_@。👍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください